ヲマヂナイ

絶え間なく 聞こえてる 数多の声たちが
耳ふさぐ程 よけい響く 左脳の偏頭痛
そんな理由で あなたのコトバなんて
せっかくだけど はっきりは聞き取れないから

それで構わないなら このまま
飽きるまで 空虚なお付き合いしましょう

思わず口をついて 出てくるコトバは
独り言 宙に浮き 失笑を買う始末
摩訶不思議な答 吐かせた相手は
確かにあなたの後ろで 微笑んでたのに

羞恥に晒される様を お望みなら
さぞかしご満悦なことでしょう

ほ う ら  ほ う ら

気が遠くなる遠近の狂い感じたら だいじょうぶ
もう少しまだ足りない 眩暈がしても駄目なら
ヲマヂナイを ヲマヂナイを するの

捲し立てる邪念は 調律不全の無数で
雑踏が刻む振動は 反復する素数で
まばたき出来ない程 忙しない旋律
蠢く静止画 連続して現実化するこの感じ

妄想の覚醒に 是非とも
あなたの稚拙な幻想は 反作用で必要なはず

ほ う ら  ほ う ら

すれ違うものが透けて模様が笑えば だいじょうぶ
誰も知らない場所に行ける とっておきの
ヲマヂナイが ヲマヂナイが あるの

格子の向こうで 輪になって踊って
ほらもっとはしゃいで 詰って 蔑んで
躰の刻印 擽り疼いて
失禁するような陶酔と 麻痺を余儀なくされ

苦笑する私 ようやく
傷つく悦びと 欺く術を覚えたみたい

ほ う ら  ほ う ら

目の奥に届くねじが回転すれば だいじょうぶ
悲鳴あげず声を殺して唱える私の・・・
光で歪んだ扉が充血すれば だいじょうぶ
細胞が流れて 意識を熔かす 綺麗な
ヲマヂナイ ヲマヂナイ ヲマヂナイ・・・