Discography


3rd ALBUM
Post Position Proxy
Cicindela Disc KNR002 2000 yen

■収録曲
01. ベビースキンの世界紀行
02. サクラサクサクラ
03. 体液が、クロノグラフ。
04. 椛狩〜赤の運命
05. Stereoboy Versus Stereotype
06. Post Position Proxy
07. ヲとといヲいで
08. 終末のひととき

日比谷カタン (Vocal & Guitar)
本間太郎 (Keyboard & Synthesizer)
渡部正人 (Drums & Percussion)
前田竜希 (Bass) M05
喜多直毅 (Violin) M04
佐藤芳明 (Claviola) M08
ゴールデン銀閣寺(Vocaloid producer) M02
■推薦文
アートだと思ったらクズ、クズだと思ったらアート、の振幅
〜社会学者・宮台真司〜

このアルバムに何かを感じたらすぐにライブを味わうべきだ。
そこには音楽と同じ厚みで日比谷カタンの言葉が満ちている。
これほどの名状しがたさに満ちた見世物を僕は他に知らない。

寺山修司的な小道具がなくてもライブの時空は見世物小屋だ。
的屋の大道芸の口上みたいに型にハマった人畜無害な節回し。
かと思って中身を傾聴すれば弱者を死に追い込むが如き毒舌。

高尚さ/卑属さ、傍若さ/繊細さ?相反するものの天こ盛り。
プログレやグランジや民謡や懐メロ歌謡などのノージャンル。
ガチだと思ったらフェイクだと思ったらマジガチの永久運動。

こういう表現なのかと規定しようとするとスルッと逃亡する。
繰り返されるのは「生まれて来なければ良かった」という口上。
この台詞を真に受けると「本気にしてたのね」と嘲笑される。

怪人20面相が生きた戦間期の光と闇は都市という見世物小屋。
近代へと驀進する帝大生の故郷には因習に満ちた両親がいた。
自由の中に不自由を見、自由をここではないどこかに探した。

日比谷カタンが召還する平成の光と闇は自意識の見世物小屋。
クソ社会が闇へと墜落する中、一瞬の夢を見ようとする抗い。
不自由の中に自由を見る代りに、クソ社会で一瞬の夢を見る。

だがその一瞬の夢たるや便所の落書きを凌ぐクズなのだった。
あなたは共感して「生まれて来なければ良かった」と思うのか。
それとも「カタンのライブに来なければ良かった」と思うのか。


1st ALBUM (初回プレス版)
対話の可能性
Possibility of Dialogue
Anorexia Records KNR0001 2500 yen
※限定数再発売・在庫僅か

■収録曲
01. Minor Cats ; prologue ( instrumental )
02. スキゾフレニイアパルトメント
03. カタコンブの花〜ネクロヴァルセ(初回プレス版のみ収録)
04. ブツブツ膏
05. スガスガしい休日
06. いびつな月のはからい
07. 畸形認メ申ス
08. Card Bop Textlogy 対話の可能性
09. Minor Cats ; epilogue ( instrumental )
<BonusTrack>
10. ヲマヂナイ:with新大久保ジェントルメン
(梅津和時/清水一登/太田惠資) ※ライヴ録音
■CD帯・推薦文
ある意味で人類はついにジャンゴの再生に成功した。
ただし、それにはもろもろの、どぎついまでの極彩色の不純物が混入して、とても正視に耐えられるものではない。日比谷カタン、それは、まるで美しい蠅男のようだ。
・・・・・・・・・・梅津和時(音楽家)


1st ALBUM (2009年再プレス版)
対話の可能性
Possibility of Dialogue
Cicindela Disc KNR0001 2200 yen
在庫数:5

■収録曲
01. Minor Cats ; prologue ( instrumental )
02. スキゾフレニイアパルトメント
03. ブツブツ膏
04. スガスガしい休日
05. いびつな月のはからい
06. 畸形認メ申ス
07. Card Bop Textlogy 対話の可能性
08. Minor Cats ; epilogue ( instrumental )
<BonusTrack>
09. ヲマヂナイ:with新大久保ジェントルメン
(梅津和時/清水一登/太田惠資) ※ライヴ録音
■CD帯・推薦文
ある意味で人類はついにジャンゴの再生に成功した。
ただし、それにはもろもろの、どぎついまでの極彩色の不純物が混入して、とても正視に耐えられるものではない。日比谷カタン、それは、まるで美しい蠅男のようだ。
・・・・・・・・・・梅津和時(音楽家)
注:2005年発売[対話の可能性]の再プレス版。
デザインを一新、収録曲の一部を変更。


2nd ALBUM
ウスロヴノスチ
uslovnosti'
QULWA RECORDS HKP001 2500 yen
※SOLDOUT

■収録曲
01. 逆抵牾参る
02. モルトブリカ
03. ウスロヴノスチの切符切り
04. 謎の円盤によるプリオン感染症実験体検証報告
  (improvisaion)
05. 窃視108度
06. キッチンレアリヅム
07. 愛のギヨテヱヌ!恋するイミテシヲン!サ!
08. ヘテロのワルツ
09. 古着チングルベルのテエマ(BonusTrack)
■CD帯・推薦文
このアルバムを聴いて、僕の大好きな戸川純率いる「ゲルニカ」を思い出した。日比谷カタンの音楽には、あのバンドが内包していた陰鬱と論理性、そしてエロチシズムが同居している。マヌッシュを彷彿とさせる風変わりなギターの音色と、それを完全に裏切るポストプログレ的なフレーズとコード進行。ある意味大仰に芝居掛かった歌詞と歌声…それら全ての要素が相まって彼独自の世界観を蜃気楼のように出現させる。まるで巧妙に造作された一人紙芝居でも見せられているような感覚に…酔う。
・・・・・・・・・・coba (アコーディオニスト・音楽家)

■[帯解説]
ウスロヴノスチの入り口で切符切りのロボット達が要求する合言葉とは。ユーモラスで難解な歌詞、多重人格な歌声とテクニカルなギターが奏でる唯一無二の歌世界。そこに顕れる隠喩を、対峙する貴方はどう解釈されるか。 ノルウェーの超絶技巧集団Farmer's Market からStian Carstensen:スティアン・カシュテンセンが参加した大曲[逆抵牾(さかさもどき)参る]を含む、日比谷カタン待望のセカンドアルバム。